« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年釣り初め

年初め釣行顛末記2009-1月

2連続記念日休暇を年度内に必ず取得しなさいという上司指示があり、早速貴重な連休利用を有意義にするため、例年カレイ好期の能登島釣行を計画した。平日なので釣り場は空いているだろうし、天候も回復の兆しがあり月末に決定して、能登島の千寿荘に宿泊予約と小島釣具にエサの青虫10杯の予約を入れて前日までに準備は整った。

早朝2時、年末に比べ気温低下はしているものの天気はよく、東海北陸自動車道で氷見経由-七尾市へ行くことにした。北陸道回りに比べ大幅な時間・費用の節減ができそうだ。

     東海北陸自動車道 関-砺波 能越自動車道 砺波-氷見  2時間30分 氷見-能登島間は

1時間30分(一般道) 

     千寿荘(能登島 閨)1泊2食 5250円 温泉あり 

名物のカワハギのヌカ漬けが美味い! ぬか味噌を洗い流し、裏表を軽く焼いて食べる。ごはんの友に最高です。(1枚 

100円) おみやげにどうぞ!!

今回の目的地は現地の風向き次第とはいえ、無関・通・百万石・南と前回までに大物実績のあるポイントを重点的に狙うつもり・・特にこの時期は過去のデータでは鴫島入江から百万石が、実施No,1なのでうまくいい場所に巡り合えればラッキーなのだが・・

仕掛けを中島さんのアドバイスを参考にした、カレイ15号と丸セイゴ15号の超短仕掛けの2本バリ段付仕様で単純シンプルなもの・・これなら仕掛け交換も手間はかからない。

現地には、午前7時着 途中1時間程 仮眠したせいか、眠気はない。能登島大橋付近にきて積雪の多さに驚いた。聞くところでは最近にない大雪とかで、路肩は50cm以上の雪の壁で駐停車できる状態ではない。これでは、除雪していない釣り場にはかなりの雪があるはず・・予想通り、閨のフィッシングパークも進入できない程で、とりあえず駐車スペースを見つけて釣り開始となったが目的地には入れず、2日間で大物5匹が精一杯の状態で今回は終了した。全島雪景色でしたが、気温は高く 楽しい釣りができましたが、目標は達成できず!!残念

(イシガレイ 30~36cm 4枚 アイナメ 32cm 1匹  マコガレイ匹 )

1

P1010061

20096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »