« 能登の釣り 2008-10-5 | トップページ | 2008 年末能登釣行記 »

2008年 中部協会 秋季投げ釣り大会 10/26

福井から京都へ転戦もむなしく・・

このところ荒れた天気の多い秋季大会ですが、本来は秋晴れの中での開催が秋の大会らしいと思います。今年の大会はどうやら天気は申し分のない好天の予報、土曜日の午後八時に三谷・上田氏とともに一路目的地の高浜町音海へ向かった。途中、道の駅 【熊川宿】で休憩して、午後11時30分には現地に到着した。海上は多少波があるものの理想的な天気で、大いに期待も高まる。回りはかなりの釣り人で混雑しているが、大半は小アジ釣りとアオリイカ狙いの釣り人で、投げ釣り師はいない。護岸に3名9本のサオを並べて当りを待つが、今回はやけに根掛かりが多発する、どうやら、はえ縄かカゴが一帯に仕掛けてあるような感じで巻揚げ時にかかるようだ。これでは仕掛けの消耗ばかりで成果は期待できない、午前2時に撤収を決めて次ぎへ移動30分 舞鶴湾でサオ出ししたが、全体に魚の気配すら感じないので1時間足らずで移動する・・・ 最終地で確立第一の野原へ向かう。野原と言えば落ちのキス狙い、今回の大会では多少不利な条件の場所だが、ここまで来ると贅沢は言えない。とにかく先ず魚を釣らないと話にならない。幸いここもイカ釣りは多いが、投げ釣りは皆無で突堤の先端部に入ることができた。ここなら絶対に釣れると確信して3人で斜め前方を集中的に狙うと、しばらくしてキスが連続して釣れてきたが、産卵直後の【劇やせ】の中型キスばかり、落ちには少し早いようだ。 朝6時小雨の中今回の釣りを終了した。 残念!

2

写真はクロダイ54cmで優勝した 藤原氏の勇姿!?                     

|

« 能登の釣り 2008-10-5 | トップページ | 2008 年末能登釣行記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143225/24793113

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 中部協会 秋季投げ釣り大会 10/26:

« 能登の釣り 2008-10-5 | トップページ | 2008 年末能登釣行記 »