« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年 中部協会 秋季投げ釣り大会 10/26

福井から京都へ転戦もむなしく・・

このところ荒れた天気の多い秋季大会ですが、本来は秋晴れの中での開催が秋の大会らしいと思います。今年の大会はどうやら天気は申し分のない好天の予報、土曜日の午後八時に三谷・上田氏とともに一路目的地の高浜町音海へ向かった。途中、道の駅 【熊川宿】で休憩して、午後11時30分には現地に到着した。海上は多少波があるものの理想的な天気で、大いに期待も高まる。回りはかなりの釣り人で混雑しているが、大半は小アジ釣りとアオリイカ狙いの釣り人で、投げ釣り師はいない。護岸に3名9本のサオを並べて当りを待つが、今回はやけに根掛かりが多発する、どうやら、はえ縄かカゴが一帯に仕掛けてあるような感じで巻揚げ時にかかるようだ。これでは仕掛けの消耗ばかりで成果は期待できない、午前2時に撤収を決めて次ぎへ移動30分 舞鶴湾でサオ出ししたが、全体に魚の気配すら感じないので1時間足らずで移動する・・・ 最終地で確立第一の野原へ向かう。野原と言えば落ちのキス狙い、今回の大会では多少不利な条件の場所だが、ここまで来ると贅沢は言えない。とにかく先ず魚を釣らないと話にならない。幸いここもイカ釣りは多いが、投げ釣りは皆無で突堤の先端部に入ることができた。ここなら絶対に釣れると確信して3人で斜め前方を集中的に狙うと、しばらくしてキスが連続して釣れてきたが、産卵直後の【劇やせ】の中型キスばかり、落ちには少し早いようだ。 朝6時小雨の中今回の釣りを終了した。 残念!

2

写真はクロダイ54cmで優勝した 藤原氏の勇姿!?                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登の釣り 2008-10-5

輪島市門前町の投げ釣り釣行記

10月に入り、投げ釣りもベストシーズン入りということで、今年春の “約束の地” 能登半島への釣行が実現した。3日のお昼に各務原を東海北陸自動車道で氷見まで下り、その後羽咋の『なぎさドライブウェー・レストハウス』で、石川投友会 山本氏と待ち合わせ、午後5時過ぎに現地到着 今回第一の目的地の門前町に到着した。 待ち合わせ時間を除くと正味4時間半程度を要したが、過去輪島まで6時間程度は優に必要な場所だっただけに、随分早く行けるようになったものです。

釣り場は2ヶ所ある小さな砂浜(片方は小川がある)と漁港で、漁港は小規模で漁船が数隻ある程度で出入りは頻繁ではないが、突堤先端ではトラブルは避けるため出・入港の際は仕掛けを巻き上げるか、道糸沈めを使うとよいと思います。今回は漁港入り口の駐車スペース(5台程度)に車を置いて徒歩で漁港へ行きましたが、付近に民家もなく夜間使用での駐車には問題はないと思います。突堤は50m程の長さで巾は5m程で平ですが、先端の青灯台から後ろは電線があり要注意です。外側半分はテトラが有りますが、投げられないものではありません。今回は先端付近に3名入り投げましたが、1人2本程度なら十分投げられます。突堤・浜共に水深はさほどありませんが、30mくらいまでは、藻(ホンダワラ)があり多少“ひかかかり”がありますが、仕掛けを取られるようなものではありませんでしたので、2本バリ仕掛けで4号以上のハリスであれば大丈夫ですし、フグの噛みにもある程度対応出来るが、それ以下ですとハリス切れが多発する可能性があります。

今回使用した仕掛けは自作の2本バリ仕掛けでモトス7号 ハリス4号 ハリは大ギス(L)を使用した1.5m程のものですが、トラブルもなく快適でした。道糸はPE・ナイロンどちらでもよいですが、遠投派の方はPEを、中・近投主体の方はナイロン5号がよいでしょう。今回は夜釣りでのキス・マダイ・根魚狙いなので、使い慣れたナイロン5号を使用しました。

釣り開始は午後5時ですが、開始後から9時頃まではフグのみで今回は不調でしたが、 情報では調子良ければ、夕方にキスの良型が期待できるそうです。4月下旬から7月と11月がキス それ以降はカレイもいいようですが、外洋向きで小規模ですので冬季は荒れることも多く、危険性が高いと思います。9時過ぎに私に今回初の大物“キジハタ”の37.5cmがシモリの中から登場。その後10時頃に30.5cmの“キジハタ”が釣れたところでキスの当りも無いので場所移動を決断した。

早々に道具を片付けて、移動 25分ほどで鹿磯漁港へ・・一度釣行してみたい場所の1つだけに期待も高まるが、この時期はどうでしょうか?本来は初夏に遠投で大ギス狙いの場所だが、晩秋の落ちギスも良いのではなどと・・・今後の下見を兼ねての踏査もいいだろう。

港は水深・景観ともに十分だが、この日は10月にしては異常に寒い日で、時折来る当りはコダイ と小型キスのみで、大物の釣れそうな気配はまったく無い。ただこの場所もイカ釣りのアングラーが非常に多いのは例外ではないので場所確保が大変か?・・・結局、大物の当りはなく夜明けを迎えて今回の釣行を終了した。現地を午前7時に出て11時30分に各務原に到着した。  

今回の釣行を通じて、投げ釣りでの場荒れも少なく大物の可能性は時期を外さなければ非常に大きいと感じましたので、思ったより近いので晩秋の頃に再び挑戦してみようと思います。

以上

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »